« 心しなければいけない | Main | 縄文人の平均寿命 »

2010.11.12

節目

今日は「平成22年度教育表彰」だった。自分も教育表彰される。
といっても特別のことではなく、「勤続25年の表彰」である。25年を経過した教員なら誰でも表彰される制度である。

大量採用の時代で小中高合わせて400人以上の表彰であった。小学校だけで当時は二百数十名の採用だったと記憶している。今はその2割にも満たない。そういう状態が十年以上続いている。
多くの同期採用の皆さんのお名前が一人一人呼ばれる中、自分自身の人生の節目を振り返っていた。

大学進学。多くの同級生が地元の国立大学ではなく、他県の国立大学や東京の有名私大を選んでいた。理数系が苦手だった自分も、高校2年時は私立文系で行こうと思っていた。それが家庭事情や学力面での選択、そして教員という選択肢で地元国立大学へ。将来の進路も決まった。私大に行っていたら小学校教員にはなっていなかったであろう。

教員採用試験。現役、浪人時代で4つ受けた。地元秋田をはじめ3か所で不合格。ようやく岩手県で拾っていただいた。岩手とは秋田の隣県というだけで特に縁はなかった。(きっと岩手の大量採用時代でもかなりの下位合格だったと想像している。)
その岩手で教員をして本当に有難かったと思う。今の自分があるのは、岩手で教員をしていたからだと思う。地元秋田で教員をしていたら、また別の人生だったと思う。

そう考えると、自分の人生の不思議さをつくづく思う。ただ、言えるのは高校時代から「多くの出会い」があったことである。特に教員になってからは、多くの出会いを自分から求めて行動した。その結果、「有難い教員生活である」と今思う。そんなことを節目の今日、改めて感じた。

|

« 心しなければいけない | Main | 縄文人の平均寿命 »

Comments

正寿先生、平成22年度教育表彰おめでとうございますbleah
正寿先生との「出会い」があったからこそ、
今の自分が(なんとか)あるのだなぁと思っています。
いつも本当にありがとうございます。

ー追伸ー

今日、いろいろ数えてみたのですが、
今現在の自分の年齢(36歳)は
初めて私が正寿先生とお会いしたときの、
正寿先生の(当時の)ご年齢を
既に超してしまっていました・・・sweat02

昔(今と変わらずバリバリ活躍されている正寿先生の姿)
を思い出しながら
「自分もがんばらなければ・・・」
と気合いを入れなおした次第です。

ありがとうございました。

そして、本当におめでとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Posted by: s.Chiba | 2010.11.13 at 21:18

s.Chibaさん、コメントありがとうございます。
お祝いメッセージ、恐縮します。
コメントされて私も計算しました。たぶん初めてお会いしたのは37歳の時です。大丈夫、まだ超していません(笑)。
でも、Chibaさんが日々されていることは、当時の自分より、はるか超えています。当時は学年1クラスの学校の研究主任で公開研究会もしたのですが、今考えるともっと工夫できる点があったと反省しきりです。

Posted by: サトマサ | 2010.11.13 at 21:43

JJです。同じように25年過ごしてきましたが、同じなのは年数だけです。中身は正寿さんの半分にもいかないです。
あと10数年。
最後の最後まで授業がうまくできるように日々精進しています。(授業追究の鬼です。)今後ともどうぞよろしくお願いします。

Posted by: JJ | 2010.11.14 at 19:45

JJさん、表彰おめでとうございます!
今年は大きな大会の事務局だっただけに、さらに思い出深い1年になったことでしょうね。
授業がうまくできるように日々精進・・・うーん、反省です。節目を迎えたことなので、志をもってこれからもがんばります!

Posted by: サトマサ | 2010.11.14 at 19:50

おめでとうございます。
私も26年目ですが、そういった表彰とは無縁なので。

節目を感じる間もなく、毎日仕事に追われる毎日が
まだまだ続きそうです。

Posted by: Y.Mochizuki | 2010.11.14 at 22:45

Mochizukiさん、コメントありがとうございます。
そういえば県は違いますが、同期の採用でしたね。昭和60年です。仕事に追われるのは同じです。このまま退職まで・・・かもしれないなあと思う時もあります。それはむしろ有難いことですが。

Posted by: サトマサ | 2010.11.15 at 04:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 心しなければいけない | Main | 縄文人の平均寿命 »