« このごろ読んだ本 | Main | 節目 »

2010.11.11

心しなければいけない

管理職になって3年目。同一校でも3年目。当然、似た仕事の繰り返しが多い。
1年目や2年目にミスがあったが、さすがに3年目の今年はごくわずか。当たり前と言えば当たり前だ。
あっても、ごく一部の表記のミスといったことである。(もっとも、自分では、気づかないミスをしているのかもしれないが・・・)

しかし、「ミスしないのがいい」という仕事ぶりでいいわけがない。
上司に「〇〇について考えてください」ということを言われることがある。「ああ、こういう視点もしっかりと考えていかなければいけなかったんだなあ」と反省する。現状維持ではいけない。どれだけ提案できるかということである。

文書作成といって事務仕事もミスがないからいいわけではない。どうすれば、保護者がしっかりと読んでくれる公文書になるか。学校の伝えたいことがしっかりと伝わる文書になるか。
いろいろな文書を書いているものの、そういうトレーニングは自分は不足している。

日々の仕事に慣れっこにはなってはいない。心しなければいけないことは常にあった方がいい。

|

« このごろ読んだ本 | Main | 節目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« このごろ読んだ本 | Main | 節目 »