« 健康的に過ごせた | Main | 振り返り1 »

2010.12.29

管理職コーチング

定期購読しているこちらの雑誌を読んでいたら、第2特集が「学校管理職のコーチング入門」であった。
教育センター等で何度かお話を聞いた千々布先生らが内容の濃い原稿を書かれていた。
その中で、大分の佐藤敬子氏の「教職員のやる気を引き出す」が特に印象に残った。

「やる気」のない教師はいない。やる気の低くなっている教師のモチベーションを高めるのは、「聴くことのできる管理職」である。

昨日が仕事納めでホッとしていたが、この言葉にハッとした。
「聞くこと」はふだん心掛けている。しかし、それはあくまでも「聞くこと」だ。「聴くこと」となれば別ではないのか。
そもそも、コーチングのポイントである「上手に質問する」「上手に受け取る」ということは、十分ではなかったのではないか・・・という反省をした。
この点が先日の松下幸之助氏の話に通じていく。

佐藤敬子氏のことは初めて知ったので、検索をすると大分県では著名な方のようだ。
こちらのブログの記事にもハッとする。

「変えられないもの」…他人・過去・環境→受け入れる
「変えられるもの」…自分の意識、自分の行動、現在、未来→集中する
ここが、コーチング・スキルなんです。

これまたこの間、自分にヒットした言葉である。
原則はやはりシンプルなのである。

|

« 健康的に過ごせた | Main | 振り返り1 »

Comments

はじめまして。
私の記事を読んでいただき、ありがとうございます。
コーチングもカウンセリングもいろいろと考え方はありますが、要するに「人とどう関わるか」というコミュニケーションの問題であると感じています。

ともあれ、気にとめていただき光栄です。

Posted by: 佐藤敬子 | 2011.01.11 at 14:38

佐藤敬子さん、コメントありがとうございます。
著者直々のコメントに恐縮しております。
これもネットならでは・・・・ですね。
今回の記事は本当に参考になるものでした。今後とも注目していきます。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2011.01.11 at 18:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 健康的に過ごせた | Main | 振り返り1 »