« 急遽の原稿 | Main | 最近の読書より »

2010.12.12

新東北新幹線

定期的な学習会で新しい東北新幹線に乗る。(「新」しい「新」幹線とはちょっと変だが・・・)
いつもと違った乗り心地を楽しめた。

まずは時間短縮。
自分が乗車するのは水沢江刺駅だが、今までであればこの駅から乗車すれば各駅停車だった。それが仙台から大宮までノンストップ。その分、十数分が短縮された。2時間以上乗っていれば、「つらい度」がアップする自分にとっては有難い。(ちなみに自動車も同じで、単身赴任地と自宅の移動のつらい度は2時間を越えると一気に増す。)

車中で必ず見るJR東日本の車内誌「トランヴェール」。当然のことながら、「青森特集」。青森県まで車で5分の学校に勤務するようになってから、本当に身近になった青森。しかしながら、それは八戸近辺のこと。ここに紹介された太宰治の特集を読み、また生家の斜陽館に行ってみたくなった。伊集院静さんのストーブ列車のエッセーも秀逸。
さらに今回はモバイルでネットや動画も楽しめた。もっと早く購入しておけばよかった。

いずれいつも以上に、あれこれ楽しめた車中であった。

ただ、ちょっとした不便も感じた。今回、全席指定になった。自由席がなくなったわけである。ところが、仙台までは指定席料金を払わずに乗車できるというサービスがあるようだ。でも「自由席」は車中にはない。
だから、指定席は空いているものの、デッキには仙台まで行く乗客が何人もいた。トイレに行く時などは、ちょっと不便である。中には空いている指定席に座って、駅で本当の指定席客が来るたびに「すみません」と移動している人たちもいた。
近距離料金を少しでも安くするサービスなのであるが、今後あれこれ注文が来るかもしれないと感じた。

|

« 急遽の原稿 | Main | 最近の読書より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 急遽の原稿 | Main | 最近の読書より »