« 教育ルネサンスの授業動画 | Main | 過去の仕事に励まされる »

2011.01.18

来年度のICT活用に向けて

今年度に続き、地区レベルでICT活用に関わる来年度の朗報が聞こえてきた。
あくまでも予定なのでここには記せないが、実現すれば実に有難いことである。
その話を聞いて、先週も盛岡に出張に行かせていただいた。
なかなか他地区では実現できていないことだけに、本当に有難いことだと思う。

3年近く前、本校に赴任して、学校はもちろん町内でもICT活用は縁が今までいなかった。
そんな中、4月に実物投影機とプロジェクタを持ち込みスタート。1年経ってそのよさが広まったことと自分が管理職だったということもあり、学校予算で実物投影機を購入。今年度、私物と合わせて全学級に「実物投影機とプロジェクタ」が常設となった。
そして、政策の追い風もあり、今年度は町全体で実物投影機が各学級に導入。大型テレビも入って常時活用できる状態になっている。。

今年度と同様に来年度は、「どのようにICT活用するか」がポイントとなってくる。
今まで自分があちこちで学んだことを生かせる場面も出てくるかもしれない。たとえ、そういう場面が限られていても、校内あるいは別の形で発信ができていけばいいなと考えている。

|

« 教育ルネサンスの授業動画 | Main | 過去の仕事に励まされる »

Comments

やはり、管理職の力は大きいですね。いよいよ真価が発揮されることと思います。常設すると、一気に利用が広がります。

Posted by: adaken | 2011.01.19 at 15:00

adakenさん、コメントありがとうございました。もう2週間前のコメントなのですが、返信していないことに気づきました。すみません。
「常設」は本校のICT活用のキーワードでした。今は町内にも広まって、いい意味で話題にならなくなっています。嬉しいことです。

Posted by: サトマサ | 2011.02.05 at 17:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育ルネサンスの授業動画 | Main | 過去の仕事に励まされる »