« プレゼン作りで「始まり」を知った | Main | 参加型授業と自己肯定感 »

2011.02.13

「成功の反対は失敗ではなく何もしないこと」

「成功の反対は失敗ではなくて、何もしないことだと思う。『できない』という壁は自分が勝手につくり上げているもの。僕はそんな幻想を打ち破りたい。」

とある雑誌に書かれていた登山家の栗城史多さんの言葉。1カ月ほど前に、偶然栗城さんのドキュメンタリーをテレビで見た。その時に「こういうチャレンジ精神が旺盛な若者もいるんだ」と強烈な印象を抱いた。

そしてこの言葉。どこか冷め気味に最近あれこれ考えている自分に痛烈に入ってくる言葉である。若い人から学ぶことは多い。

|

« プレゼン作りで「始まり」を知った | Main | 参加型授業と自己肯定感 »

Comments

いつも拝見しています。「冷め気味」については察することができませんでした。
さて,少々疲れ気味で前に進むことができずにいた自分に,今回の「成功の反対は…」は効き目抜群でした。「明日からまたやるぞ」という気持ちになりました。
もう1つ。「反対の言葉」を考えることで,ボキャブラリーが広がるんだなと実感しています。1月の野口塾で学んだことですが,「日本は自然にめぐまれ,…」の「自然」の反対の言葉は何かと問われました。わたしは「人工?」と思っていましたが,野口芳宏先生の考えは違っていました。野口先生からは,哲学を学んでいます。

Posted by: かつのり | 2011.02.13 at 18:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プレゼン作りで「始まり」を知った | Main | 参加型授業と自己肯定感 »