« 涙しか出てこない | Main | 当たり前ながら落ち着かない日々が続く »

2011.03.14

新たなダメージ

大地震4日目。地震の日以来の出勤だ。
同僚の先生方と情報交換をする。先生方にも様々な事情がある。
今だライフラインが途絶えている人、親族が沿岸地区にいて連絡をとれない人、沿岸の地区に知人・教え子がいる人・・・あれこれ情報交換している中で、重い気持ちも少しずつ晴れてくる。
心の痛手(といっても沿岸地方の皆さんに比べれば全く大したことがない)に効くには、同じ経験をした人同士の語り合いだと感じた。

しかし、今日、新たなダメージを受ける。

地元新聞で、多くの小中学生の安否が今だわからないこと、教職員も同様だと知った。情報が錯綜していることもあるだろうが、地震が起きた時刻は、岩手の多くの小学校は低学年の子どもたちの下校時刻なのだ。
学校にいたら、集団で避難もできたであろうが、バラバラになっての下校だと・・・・。

さらに、かつての勤務校だった高浜小学校学区の様子も掲載されていた。
「「20メートルはあった」という巨大津波が集落を一気にのみ込んで壊滅状態」
頭が真っ白になった。多くの教え子・保護者・地域の皆さんの顔が思い浮かんだ。本当に言葉もない。

さらに多くの死者が見つかったという情報も。どれだけ地獄が続くのだろう。
自分の職務として今できることを粛々としなければいけないと思っていても、沿岸部の被災者のために何もできていないという現実を思うと心苦しい。

ただ、私たちと同じ教職員が沿岸部ではがんばっているはずだ。きっと自分の家もなくなっているはずなのに。
県内の各地での支援の映像も流れてきた。
たいした被害を受けなかった者が希望を失うわけにはいかない。

|

« 涙しか出てこない | Main | 当たり前ながら落ち着かない日々が続く »

Comments

ある方が、ブログに「広義では、日常生活を続けることが支援になる」と書いていらっしゃいました。商品を売り買いすることが経済によい影響を与える。日常の仕事を続けることで、社会生活が維持される、と。やがて、募金活動等もしかるべき団体が始めるでしょうから、直接的な応援はその時行うことにして、私は今は、明日学校で働く準備をすることにします。

Posted by: かつのり | 2011.03.14 at 20:54

 高畠です。
 こうして正寿先生のブログを読むことができ、大変うれしく思います。
しかし、亡くなられた方や安否の分からない仲間のことを考えると苦しくなります。
 今、できることをしっかりとやり遂げていく事が、生きている我々の役目だと思います。私も「教師としてできること」に力を尽くしていきます。

Posted by: マックマン | 2011.03.14 at 23:22

たかはしです。かつのりさんがMLでブログ更新のことを書いてくださったので、安心していましたが…。心中お察しいたします。同じ東北でもこちらとのギャップに言葉が出ません。

被災された方々にも、必ず希望がもてる日は来ます。その日を信じる力を支えてあげていただきたいと思います。何かできることがあったら、ブログに書いて頂きたい気持ちでいっぱいです。毎日見ていますから!!

Posted by: たかはし | 2011.03.15 at 00:22

駒太郎さん、かつのりさん、マックマンさん、たかはしさん・・・お見舞いコメントありがとうございます。
同じ東北の仲間がこのように励ましてくださることに感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さんのコメントを読むと、生きている者としてしっかりと生きなければ・・・と思います。簡単には前向きにとはいかないのですが、少しずつ立ちあがる力を蓄えたいと思います。ありがとうございます。

Posted by: サトマサ | 2011.03.15 at 17:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 涙しか出てこない | Main | 当たり前ながら落ち着かない日々が続く »