« ももの節句の話 | Main | 「ハッピーな時がいい結果」 »

2011.03.04

弁当の日

教育関係の方のブログで、行政の方のものをいくつか拝見させていただいている。
自分自身が知らない話が多く参考になっている。
毎日拝見させていただいている こちらのブログに「弁当の日」の講演の話が出ていた。
このような幅広い話を読める点がいいなあといつも思っている。

「そういえば、食育関係のラジオ番組で紹介されていたなあ・・・。そうそう、朝のニュースでもやっていたなあ・・・。確か四国だった気がする」
とかつての記憶が結び付いた。その時に番組を見て、「これはいい実践だなあ・・・」と思っていたのである。
ブログの中に紹介されているWebを見てみると、多くの学校で実践可能だ。弁当の日は本校でも年に数回はある。
お家の人が作ったおいしい弁当もいいが、自分が作る弁当も年に1回はいいだろう。食育の活動としても興味があるところだ。

|

« ももの節句の話 | Main | 「ハッピーな時がいい結果」 »

Comments

記事での紹介,『福禄寿』へのコメント,ありがとうございます。
これからも,楽しみに読ませていただきます。
当地で「弁当の日」に取り組んでいる学校はありませんが,竹下氏の「壮大な夢」に乗ってみたいと強く感じた講演会でした。

Posted by: ガク爺 | 2011.03.06 at 11:24

ガク爺さん、コメントありがとうございます。
『福禄寿』の情報をいつも有難くいただいてます。
ところで、実は私が生まれた町(秋田県五城目町)に「福禄寿酒造」という名前の酒造会社があります。学生時代には愛飲酒の1つでした。それだけに親しみをより感じます。

Posted by: サトマサ | 2011.03.06 at 16:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ももの節句の話 | Main | 「ハッピーな時がいい結果」 »