« 避難所で「卒業式」 | Main | しばらくブログを休みます »

2011.03.18

子どもの笑顔に涙

数は圧倒的に少ないが、被災地からのニュースで「笑顔の写真」が出てくるようになった。
昨日の岩手日報。小学校中学年ぐらいの女の子たちが大縄跳びをとびっきりの笑顔でしている写真だ。
高田小の子たちだ。

 「家はみんな流されたよ。
  悲しいけど、家族が生きているから幸せ。
  物より家より、家族が一番だよ」

3年生の子のコメントが掲載されていた。涙腺が緩んでしょうがなかった。今こうしてブログを打っている時にも自然に涙が出てくる。
外で跳んでいるのだが、子どもたちは皆校舎内専用のズックだ。一週間前の地震の時、そのまま校舎内から避難したのだろう。高田小は陸前高田市の中心部にある小学校だ。街はホテル・学校・役所を除いてほぼ壊滅状態。
そんな中でのこのメッセージ。
写真をよく見てみると大縄を回しているのは大人の女性だ。もしかしたら先生なのかもしれない。高田小には私が前任校で6年生を担任した時の同学年の同僚が勤めている。その時は講師で初任校先である。その若い先生もこのように奮闘されているのだろう・・・そう思った。
今朝のテレビでも大船渡の小学校からの中継があった。多くの子たちが出て、メッセージを送っていた。

本当は自分たちが県内の子たちを励ましたり、力になりたいと思ったりしているのに、逆にこのように報道される子どもたちから元気をもらっている。

あの地震から今日で一週間。被災地ではまだまだ大変な困難は続いている。
しかし、不眠不休で災害のために多くの方々ががんばっているおかげで希望の光が遠くではあるが、うっすらと見えてきたのではないかと思う。
「落ち着かない」「涙しか出ない」なんて自分が言っている時ではない。

|

« 避難所で「卒業式」 | Main | しばらくブログを休みます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 避難所で「卒業式」 | Main | しばらくブログを休みます »