« 米田先生 おめでとうございます | Main | 保護者の皆さんと初対面 »

2011.04.20

時計の時刻に思わず・・・

本校は今日が図書開館日。
ところが大震災と大きな余震で、本棚が倒れたり、本が散乱していた。本棚も壁に打ち付けられていたものだった。今回の被害の大きさを物語る。

先週、業者さんが修繕をし、図書委員会の子たちが中心になって本を整理し、何とか開館日に間に合った。
今朝、改めて館内を見渡すと止まっている時計が目に入った。
時刻は2時47分。あの地震の1分後である。取ってみると、電池が抜け落ちていた。強い揺れで吹っ飛んだのであろう。思わずじっと時計を眺めてしまった。

体育館は今だ使えず、校庭にも地割れが入っている本校であるが、校舎内は昨日まででほぼ日常生活ができるようになった。子どもたちも元気に活動をしている。
しかし、このようなところに震災の跡が残っている。日々の仕事への影響は今もあちこちにある。今後も様々な場面で震災を感じるのであろう。

|

« 米田先生 おめでとうございます | Main | 保護者の皆さんと初対面 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米田先生 おめでとうございます | Main | 保護者の皆さんと初対面 »