« 大移動が無くなって・・・ | Main | 地域をめぐる »

2011.04.05

「海の音も風の音も、聞こえ方が違う」

朝日新聞は「震災者の声」を毎日掲載している。
先日、宮古時代に担任していた保護者の方が掲載されていた。
実は大変心配していた。自宅が海のそばにあり、津波の被害をまともに受けていたはずだからだ。しかも、全盲。
数日後に避難所名簿に名前が掲載されていてホッとしたものだった。

そのご家庭への家庭訪問はとても印象深いものだった。その方も同席され、音だけで暮らす様子に驚いたことを覚えている。

「自宅兼鍼灸院が流されました。全盲なので、海がザーッと迫ってくるような音から逃れるように夢中で走りました。(中略)海の音も風の音も、聞こえ方が違う。すっかり変わってしまったんですね」

その方のコメントだ。耳が鋭い方だけに違いを感じ取っているのだろう。
海も風も変わらないはずだが、周囲が違うとそれらの音も変わってしまうのだろう。
私も日曜日に宮古の風景を見た。私がかつて見ていた景色と全く違っていた。本当に言葉にならなかった。

しかし、そこで立ち上がっている人々が何人もいた。違う景色の中から、新しい時代がきっと始まる・・・その様子を目に焼き付けた。私がこれから一生忘れない景色である。

|

« 大移動が無くなって・・・ | Main | 地域をめぐる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大移動が無くなって・・・ | Main | 地域をめぐる »