« 失礼をお詫びしつつ・・・ | Main | 「メディアとのつきあい方学習」無償ダウンロード »

2011.04.28

「ことば」の力

昨日の午後、隣の席の事務さんの机上に大きな荷物があがっていた。
事務さんと私が席を外した時に学校に届いたようだ。

「光村図書?何だろう」と事務さんと箱をあけると、「国語教育相談室 臨時号」と書かれたB4で8ページの冊子(というより新聞)だった。しかもたくさん。
少し読んで、教科書教材文の著者が被災地の子ども向け書かれたものだと理解した。
工藤直子さん、今江祥智さん、あまんきみこさん、杉みき子さん、重松清さん、中沢けいさん・・・・皆さんが、子どもたち向けにメッセージを執筆されていたのだ。
1つ1つのメッセージが心に響く。
震災関連の写真など1つもない。あるのは心がこもった文章と、文章を引き立てるすばらしいイラスト。
作家の皆さんが「ことばの力」を使ってできること、そして教科書会社ができることをしっかりと感じさせていただいた。
きっと本校の子たちもメッセージを読んで、いろいろなことを考えたであろう。

メッセージを寄せたお一人に「アップとルーズ」を書かれた中谷日出さんがいた。ちょうど10年前、NHKの学校放送番組「体験!メディアのABC」のプロジェクトでご一緒させていただいた。インターネットについて書かれた文章を読みながら、会議の時に穏やかな語りぶりを思い出した。

|

« 失礼をお詫びしつつ・・・ | Main | 「メディアとのつきあい方学習」無償ダウンロード »

Comments

http://muratyan.cocolog-nifty.com/book/2011/03/16-d3f3.html
これの最新版がついに配布されたのですね。すばらしいことです。

Posted by: 村岡明 | 2011.04.29 at 13:19

村岡さん、コメントありがとうございます。ご紹介ありましたブログを拝見していましたから、届いた時にピンと来ました。「国語の光村図書」だからできること(他教科も発行していますが)だと本当に思います。

Posted by: サトマサ | 2011.04.29 at 16:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 失礼をお詫びしつつ・・・ | Main | 「メディアとのつきあい方学習」無償ダウンロード »