« 「出番」が少しずつ・・・ | Main | 「小4教育技術」誌連載掲載 »

2011.04.17

礼をする子どもたちに心洗われる

歩行者の立場になってみればわかるのだが、横断歩道で待っていてもなかなか車は止まらない。
手を挙げて合図すれば別だろうが、そこまではなかなかできない。
それは子どもたちも同じ。

今日家の近くを車で走っていたら、前方に中学年ぐらいの女子が2名。横断歩道で待っていた。
さっそく停車。
二人ともペコリと礼をして渡る。
そして、渡り終わってから丁寧にまた礼をしてくれた。
心を洗われる思いだった。

この学区は私が4年前まで勤務した水沢小学区である。その頃の生徒指導担当の先生がアイデアマンで、子どもたちのこのような作法を上手に教え、定着させたのであった。
そして数年経ってもそれが引き継がれていることに嬉しさを感じた。
そしてこのような行為は、横断歩道で止まろうというドライバーを確実に増やしている。

|

« 「出番」が少しずつ・・・ | Main | 「小4教育技術」誌連載掲載 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「出番」が少しずつ・・・ | Main | 「小4教育技術」誌連載掲載 »