« 校内通信を発行する | Main | 礼をする子どもたちに心洗われる »

2011.04.16

「出番」が少しずつ・・・

大震災後にこのブログを一時ストップしたことの理由の1つが、「自分は何もできない」という無力感だった。
そんな時に、地元ラジオ番組で「被災されなかった内陸の皆さんが、『自分には何もできない』ということを感じているかもしれません。しかし、いつか出番はきます。罪悪感を感じる必要はありません」と放送されていたのを聞いて、共感したものだった。
そして、その出番の時までに力をためておこうと思っていた。

確かに少しずつ出番が来た。地震に係る緊急の原稿依頼もあった。すぐに書きあげ、こちらに掲載されている。(小3と小5の同誌にも掲載されている)

新任地は地震の被害が大きかったところだ。余震の被害はさらに大きい。その施設復旧に今は努めている。これも自分の出番だ。

さらにこちらのニュースにあるように県レベルでの支援にも携わることができる。これは長期の取り組みである。

自分の中での「出番」に貢献できる。やはり嬉しいことである。今までためていた力を注いでいこう。

|

« 校内通信を発行する | Main | 礼をする子どもたちに心洗われる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 校内通信を発行する | Main | 礼をする子どもたちに心洗われる »