« こんな本がほしかった | Main | キツネの登場 »

2011.05.27

新しい知識を得る

教育ルネサンスの10
もともとは新聞記事なだけに、良質の情報である。その中から新しい知識も得られる。

市川教授が提唱する「教えて考えさせる授業」。本も何冊か読んだことがあるので、それと似た記事か・・・と思ったが、新しい発見がいくつもあった。
・教科書の予習をする
・予習でわからないところに付箋を貼る
・学校独特の工夫として、枠を4つに区切ったノート
この学校では予習を前提としている。授業だけではなく、このような土台となる部分が不可欠ということを知った。もしかしたら、本にも書いてあったのかもしれない。本を再読してみたいと感じた。このような気持ちにさせてくれるのも、いい記事だからだ。

もう1つにあった「ビジョン・トレーニング」。活字だけからだと、まだまだイメージはわかないが、こういうトレーニングが効果をあげているということがわかった。新たな言葉である。低学年を担任していた時に、音読が苦手な子は眼球運動が効果的なのでは・・・と考えたことがあったことを思い出した。この言葉を知ったから思いだした記憶である。

このように自分にとってヒットする記事は間違いなく知識を増やす。今後も注目して行きたいサイトである。

|

« こんな本がほしかった | Main | キツネの登場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« こんな本がほしかった | Main | キツネの登場 »