« 夏休みの特集 | Main | 「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス) »

2011.07.26

1学期終了

7月26日。無事1学期を終えた。正直ホッとしている。
転勤した学校で仕事を全うするには多くのエネルギーを必要とする。

・新しい学校に慣れる
・震災関係の被害の対応を適切にする
・新しい生活パターンを作る
・「新たな仕事」を同時進行で行う

これらに力を注いだ1学期だった。
副校長の仕事自体はどの学校でも違いはないのであるが、その方法は学校によって異なるものが多い。また、前任者によっても違う場合がある。市のシステムの違いもある。
その点では慣れるまである程度時間は必要であった。1学期はそれに加えて、震災関係の仕事+依頼されての事務局・研究会仕事もどんどん入ってきた。通常の仕事だけではなく、広く仕事ができた。
時間のかけた分、自分の「強み」としていた「授業への積極的な参加」と「ICT活用」については前任校ほどではなかった。
また、今まで大きな比重を占めていた家での「第2の仕事」は必要なものだけにとどめた。本務である仕事のためにはこれは適切な判断だったと思う。

さあ、夏休み。本校はわずか3週間。研修以外は全く通常の勤務ではあるが、家でのフリー時間は増える。
自分の立ち位置を確認する貴重な機会だと思っている。じっくり考えて、2学期以降の方向性を探っていこう。

|

« 夏休みの特集 | Main | 「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夏休みの特集 | Main | 「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス) »