« 学校チェンジリーダーの条件 | Main | 「スーパーホテル」 »

2011.08.20

自分の役割

高校野球が終わった。
東北勢は健闘したが、光星学院は惜しくも準優勝。「ナインに地元青森の子がいない」という話だが、今は皆青森県人なのだから・・・と思う。岩手では花巻東が登場した。2年前の大旋風が記憶に新しい。今回は1回戦で敗れたが若いチームだけに来年度が楽しみだ。さらに秋田出身の私としては、能代商業の大健闘に拍手だった。地元出身(それも県内でも小さな市)の公立高校が甲子園で2勝。多くの子たちが「あきらめない」と話していたが、共感する言葉だ。

さて、昨夜のNHKに箕島対星陵の試合での星陵の元投手が出ていた。1979年。延長18回の最高試合。
自分も高校3年生だっただけに、高校野球に夢中だった。この試合も確か夏休み中だったので、終わりまでテレビにかじりついていた。まさにドラマチックな展開。いや、もうこのような試合はもうないだろうと思った。(この試合はこちらこちらが詳しい。当時の感動が蘇った。有難い時代だ。)

さて、その星陵高校の堅田投手には強い印象を残っている。確か石川県に帰った時のインタビューだ。「これからも自分に厳しくしていきた」ということを話していた。当時、あまりにもいい加減な高校生活を送っていた自分にとって、この言葉は痛烈だった。
番組では、堅田投手が敗れた時に当時の審判から試合のボールをもらったことに触れていた。彼にとっては「宝物」だという。そして、甲子園の審判をしている今は選手に声掛けをしているという。確かに彼だからこそできる役割だと感じた。
同世代の人のエピソード。自分自身も自分にできる役割を改めて考えよう。そう思うニュースであった。

|

« 学校チェンジリーダーの条件 | Main | 「スーパーホテル」 »

Comments

能代商業の活躍は私も嬉しかったです。
能代といえば,昨年軟式の全国大会を観戦する機会がありました。こちらは能代高校。延長15回引き分け再試合を経ての全国優勝。逆に,甲子園で大敗した能代商業硬式野球部の部員は能代の街で余計肩身の狭い思いをしたと思います。
昨年の大敗,軟式能代高校の活躍によって,「甲子園に出る」だけでなく,「甲子園で勝つ」という目標をたてて1年間頑張ったからこそ,今年の甲子園で高いパフォーマンスを発揮できたのだと思います。
言い意味での刺激と,高い目標を設定する大切さを学びました。

Posted by: 片野靖久 | 2011.08.27 at 05:35

片野さん、コメントありがとうございます。
軟式野球はあまり目立たないのですが、私の高校時代には硬式野球部とは違った「野球好き」の人たちがかなり入っていました。これはこれで全国大会がありますから、一つの目標なのでしょうね。
「能代」と言えば、全国的には能代工業のバスケットが有名なのですが、そのうち野球も有名になるかもしれません。

Posted by: サトマサ | 2011.08.27 at 07:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校チェンジリーダーの条件 | Main | 「スーパーホテル」 »