« 秋分の日と彼岸花 | Main | 似た特集から学ぶ »

2011.09.23

新著を書店で見る

新著が発刊されて3週間。
なじみの本屋さんに行ったら「平置き」されていた。平積みなら一番いいのだが、この本屋さんの教育書の新刊は皆1冊ずつの平置きである。以前の自著は大きく学校名と名前がポスターで掲示され、ちょっぴり恥ずかしかった。今のようにひっそりとさりげなく置かれているのが気分上はよい。

さて、明治図書でのランキングにも登場するようになってきた。前著はこのランキングの上昇ペースがわりと早かったが、今回はゆっくり目である。これはターゲットの違いだと思っている。今回はあくまでも「社会科本」。購入する層は限られているが、その分、長い期間で読まれる本になれば・・・と思っている。

|

« 秋分の日と彼岸花 | Main | 似た特集から学ぶ »

Comments

今、社会科の本を書いているので、
敢えて読まないようにしています。
先生の実践に憧れて取り組んできたので、
影響を受けすぎないようにです。

でも早く読みたいです。
脱稿後、すぐ読ませて頂きます。

Posted by: ながたく | 2011.09.24 at 00:36

ながたくさん、再コメントありがとうございます。
今度は社会科の本ですか。すばらしいですね。お若いのに次々と発刊・・・楽しみにしています。

Posted by: サトマサ | 2011.09.24 at 05:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 秋分の日と彼岸花 | Main | 似た特集から学ぶ »