« 役割 | Main | 2学期意識している「習慣」 »

2011.09.04

甲子園の自分を忘れることができたから・・・

野球は全くしないし、特別に贔屓のチームもないのだが、野球関係の本を読むのは小さい頃から好きである。
今もそれは同じでWebのコラムもよく読む。
この頃は、岩手出身の菊池雄星が一軍で登板するので、その結果に興味津々。何といっても2年前のあの甲子園での活躍ぶりは、ずっと伝わるであろう。我が娘と同い年ということや、かつての勤務校で隣の学級の子がチームメートで大活躍していたということもある。

その菊池投手も昨年は一軍入りすらできなかった。報道も少なくなった。それはそれでいいことだと思っていた。
今年は勝ち星を得、完投勝利も味わっている。
そんな菊池投手についてこちらのコラムを見つけた。最後のメッセージが印象的だ。

-----

甲子園の輝きは、選手を必要以上に過大評価させてしまう。そこで自分を見失うのか、原点に戻ることができるかで、プロ野球人生が変わってくる。菊池は、一度はプロの壁にはね返されたが、甲子園の自分を忘れることができたときから、西武の菊池に生まれ変わった。

-----

「スクラップ&ビルド」は生き方でも同じだ。今の自分に響く言葉である。

|

« 役割 | Main | 2学期意識している「習慣」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 役割 | Main | 2学期意識している「習慣」 »