« ノート指導の本 | Main | サブウェイの復活 »

2011.10.22

いい学習発表会だった

2学期最大の行事である学習発表会が終了した。
実にいい学習発表会だった。
本校は各学年の「劇」がメイン。それに来週ある音楽会の発表(2~4年)と全校群読が加わる。

その中での各学級の劇がすばらしいものだった。
小規模校の本校は学級7~10人。その子たちで行う劇は全員に出番がある。しかも、劇の内容によっては一人何役も・・・という子も出てくる。「どの子も活躍する劇内容」を担任が上手に考え、指導していた。
しかも、学年が上がるにつれ「子ども達が考えた場面」「子どもたちと教師が一緒に考えた場面」というのが多くなり、まさにみんなで創り上げた劇というのがぴったりだった。
そして、各学年の大道具・小道具の準備もお見事だった。それらがあるのとないのでは劇の効果は確かに違うなあ・・とつくづく感じた。
もちろん、子どもたちが何を学んだかというのが一番だったが、それは劇での子どもたちの表現ぶりと係活動への意欲の高さを見ればわかること。この学習発表会という行事の意義は大きいと感じた。

家庭・地域の皆さんもこの学習発表会をしっかりと見てくださっていた。広いアリーナに多くの観客。そして大きな拍手。実に嬉しい拍手であった。

自分自身の役割として、今回は会場や荷物移動の下支え、当日に運営をした。担任の先生方とは別の貢献であるが、これはこれで大事なことであり、無事終了したことにホッとした。

|

« ノート指導の本 | Main | サブウェイの復活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ノート指導の本 | Main | サブウェイの復活 »