« 七五三 子どもの成長を願う行事 | Main | 親子共同のPTA活動 »

2011.10.28

リズムに乗ること

昨年までの長距離移動がなくなって、車中で聴いていたラジオとも縁が薄くなった。
たまたま昨日、PTAバレーの練習後の車中でラジオをつけたら、球界の鉄人である衣笠さんがトークをしていた。その中で印象的だと思ったトークがあった。

------
野球選手だけではなく、何事にもリズムが大切だと思っています。
毎日の同じリズムを続けること。あれこれ違うことをすると、そのリズムが狂ってしまう。
野球選手でリズムが悪いといい結果も出ないでしょう。
------

こういうような話だった。
「ああ、自分が今月取り組んでいることと同じだ」と思った。
10月から来月5日にある区のPTAスポーツ交流会に向けて、週に3日、夜のPTAバレーの練習をしている。自分はPTA事務局。帰宅は9:30過ぎになる。
こういうパターンだと、通常なら就寝も遅くなってしまう。それを平時のリズムが狂わぬように帰宅後可能な限り時間短縮をして済ませている。結果、いつもと同じ時刻に早起きをして知的活動をしている。
そして逆に「限られた時間しかない」というのが、いい方向に働き、各種原稿の仕上がりが早い。(大物原稿は別だけど・・・・)

これもリズムに乗っているからであろう。
大事なのはこのリズムに乗っている勢いを止めないこと。充電と言いつつ放電になってしまうことが自分の経験では何度もある。止まらずに歩き続けたいものである。

|

« 七五三 子どもの成長を願う行事 | Main | 親子共同のPTA活動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 七五三 子どもの成長を願う行事 | Main | 親子共同のPTA活動 »