« リズムに乗ること | Main | 学生時代を思い出した »

2011.10.29

親子共同のPTA活動

今年度2度目の資源回収が本日あった。PTA主催である。朝早くから資源回収を行い、地域の協力もあってたくさんの資源物が集まった。有難いことだとつくづく思う。

この資源回収は保護者・教職員はもちろんであるが、子どもたちも一緒になって行う。1年生から6年生たちが早置きをしてしっかりと活動を行った。中には、すぐにクラブ練習があるということで野球のユニフォーム姿の子もいた。
それにしても親子一緒に共同作業をすることは、つくづくいいことだと思う。子どもたちの働きぶりに頼もしさも覚えた。しかも、本校はこの資源回収が今年度4回目の子どもたち参加のPTAの奉仕的活動である。

このように子どもたちが参加する奉仕的なPTA活動を行っていた学校は2校。本校と同じように小規模校だった。地域が学校支援に熱心で、PTA活動の参加率も高い、学校と地域とのつながりが強い・・・・そういう点でも共通点があった。
大規模校には大規模校によさがあり、小規模校には小規模校のよさがある。当たり前のことではあるが、そんなことを改めて感じた。

|

« リズムに乗ること | Main | 学生時代を思い出した »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リズムに乗ること | Main | 学生時代を思い出した »