« 今日も自分にとっていい情報 | Main | ほめ言葉のシャワー »

2011.11.09

学校公開日

今日は学校公開日だった。といっても教員対象の学校公開ではなく、「市民に学校を公開する日」である。
本市ではどの学校も午前中から午後にかけて公開する(日にちは学校それぞれ)。本校でも朝早くから来校者があり、こちらも早くから準備したかいがあった。

この公開日では保護者がもちろん一番多いのであるが、祖父母といったご家族、あるいは親戚の方も参観する。「授業参観」となると、やはり祖父母の方は限られてしまうがこういう時は別。いい表情でお孫さんの授業の様子をご覧になっていた。

この公開は私が担任の時(たしか最後の学級だったと記憶する)にもあった。今も記憶に残るのが、給食時間に息せき切って教室に駆け込んできたお父さん。こちらは全くふだんと変わらない給食時間。そのお父さんはその特別でもないふだんの給食の様子を10分ほど参観して帰られた。
あとで子どもに聞いたら、「仕事が忙しく、なかなか授業参観に来られない。でも、公開日の給食時間だったら、昼休みで急げば10分ぐらいなら参観できる。だから来た」ということだった。
確かに普段の授業参観なら仕事の時間にかちあってしまっているだろう。たとえ10分でも価値ある時間だったに違いない。それもこの公開日だったからできたことであった。
その点での意義は大きい。

|

« 今日も自分にとっていい情報 | Main | ほめ言葉のシャワー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日も自分にとっていい情報 | Main | ほめ言葉のシャワー »