« リハーサル授業で学び合い | Main | 嬉しいお知らせ »

2011.11.25

危機管理の心得

こちらの本が面白く、ずっと読んでいた。
佐々さんの本は現実の話が具体的でドラマチックだ。それでいて示唆に富むことも多い。
「危機管理」という面でも言葉を拾うと自分の判断の基準となりそうだ。
たとえば、かつてあった国会のメール問題について、次のように書いている。

・一番大事なのは「次の一手」を「攻める」のか「守る」のかの状況判断
・防衛組織の危機管理の第1の心得は「腐ったリンゴは樽から出せ」である
・第2の心得は、まちがったと思ったら、できるだけ早く、率直に「謝る」こと
・第3の心得は、「逃げない」こと

自分の仕事にも通じるものがある。
それにしても佐々さんの本には実際の会話の場面が多い。それが話を具体的にしている。これは参考になるなあ。

|

« リハーサル授業で学び合い | Main | 嬉しいお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リハーサル授業で学び合い | Main | 嬉しいお知らせ »