« 最近読んだ本、雑誌から | Main | 愛される学校づくり研究会コラム »

2012.01.30

「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス)3号

定期的に参考にしている冊子に「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス)がある。
その3号が発刊された。
今回のテーマは、 「実物投影機の活用で子どもたちの伝える力を育てたい」である。
教室で実物投影機を使うと、子どもたちの発表スタイルが変わってくる。「言葉のみ」の伝達から、「言葉と図」「言葉とノート」というように視覚的な要素が入ってきて、よりシンプルにわかりやすくなる。
その時の活用のこつについて述べられている。
「子どもが使い方を見せる」「ノートを映して考えを発表する」「ワークシートを映す」「子どもが答え合わせをする」等々、多くの事例が出されている。
まだご覧になっていない方はぜひご一読を。
こちらから、申込できます。

|

« 最近読んだ本、雑誌から | Main | 愛される学校づくり研究会コラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最近読んだ本、雑誌から | Main | 愛される学校づくり研究会コラム »