« 今年の干支は? 十二支を知っていますか | Main | 「書を学ぶ」 »

2012.01.10

授業の中のコミュニケーション

冬休み、一つのセミナーの運営を行った。地区の図画工作のセミナーである。
講師は福島の小野先生。朝日新聞の「花まる先生」にも紹介されたお力のある先生である。
この「花まる先生」の記事を読んだ時に、写真のキャプションに注目した。

小野先生は「ステキ!」と必ずほめ、それから少しアドバイスする

ここに子どもたちに対する一つの姿勢が伺える。どの子の表現のよさを認め、さらに伸ばす姿勢だ。「必ずほめ」という点に私は自分の図工の授業を振り返った。よさが簡単に見つかる子はほめたが、表現を苦手とする子は「よし、がんばった。じゃあ・・・」とすぐに修正部分を指摘するパターンだった。反省しきりである。

今日のセミナーでも、小野先生から「授業の中のコミュニケーション」で話があった。「傾聴」「承認」「Iメッセージ」「りフレーミング」「ミラーリング」等、多くのヒントが出てきた。
後半行った模擬授業では、実際にその対応の技術を拝見させていただくことができた。
教科の専門性に加え、卓越した子どもたちとのコミュニケーション。これなら子どもたちも図工も教師も好きになるであろう。

ちなみに小野浩司先生は幅広い実践等を公開されている。こちらのブログ連載を参照。

|

« 今年の干支は? 十二支を知っていますか | Main | 「書を学ぶ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年の干支は? 十二支を知っていますか | Main | 「書を学ぶ」 »