« 「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス)3号 | Main | 研究会発表資料 »

2012.01.31

愛される学校づくり研究会コラム

愛される学校づくり研究会の新コラムがスタートした。
テーマは「出会いこそ教師を作る」。
その1回目に執筆させていただいた。こちら。大変名誉なことである。
価値ある出会いが教師を変える」に書いている内容をベースにしたものである。
ただ、違う部分は「後輩」へのメッセージだ。本には全く書いていない次のようなことを原稿に書いた。

---

 若い先生方には、「『あこがれの教師』をもとう。その教師を目標に追い続けることが大事」とよく話している。中には「あこがれの教師と出会うチャンスがない」という人もいるかもしれない。
 しかしチャンスは作るものである。
 「○○先生のようになりたい」「真似をしたい」「尊敬できる」という教師がいたなら、積極的にその人にアプローチすることだ。直接会い、進んで教えを乞う。身近にそんな教師がいたら最高である。遠く離れた地にいる教師でも、積極的に行動すれば会える機会は必ず訪れる。
 直接出会ってからはさらに大事だ。話を聞くだけではなく、自分の実践をどんどん見てもらう。むろん、あこがれの教師をさらに追い続けるようにする。

----

これは自分の経験から言っていることだが、周囲のすばらしいと思う先生方も同様の行動をしている。その点では、多くの先生方にあてはまることであろう。
その意味では自信をもってお勧めできるメッセージだ。
それにしても、このような出会いは一人一人の教師人生が凝縮されているであろう。第2回からのコラムも楽しみである。

|

« 「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス)3号 | Main | 研究会発表資料 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「Hot Edu+」(ホットエデュ・プラス)3号 | Main | 研究会発表資料 »