« 新しい出発に | Main | 雪の小話 »

2012.01.23

学級通信「ガリバー」

村田栄一氏が亡くなられた
若い世代にはなじみが薄いであろう。私が学生時代に大いに影響を受けた著者のお一人である。
きっかけは先輩のアパートの本棚に本があったことだ。その先輩の本棚にはぎっしりと教育書、一般教養書が詰まっていた。明らかに他の先輩方の部屋とは違っていた。尊敬できる先輩そのものだった。今も新潟で教師をしているはずである。

その部屋で見た「学級通信「ガリバー」」という本。村田氏の1年担任時の学級通信をそのまま本にしたものだ。当時のものは70年代前半の本なのですでに廃版になっているが、改めて新しい本として発刊されている。こちら
ガリ版(これ自体が30代以下はわからない?)で心を込められた文字に、児童一人一人が生き生きと描写された学級通信だった。1年生の児童の様子にどんどん引き込まれ、ほとんど写真などはないのだが、学級の様子がイメージとして伝わってくる通信だった。きっと多くのファンがいた学級通信だったに違いない。そうでなければ復刻されない。

「教師になったら学級通信をどんどん発行しよう」・・・学生の自分がそう決意するような本であった。
その結果、私自身どんどん学級通信を発行するようになり、学級通信のハウツー本まで発刊した。この本との出会いがなければ変わっていたであろう。価値ある出会いは人だけではなく、本にもあるのだ。

ちなみに、この「ガリバー」にちなんで、2回の1年担任時はいずれも学級通信名を「ガリバー」とさせていただいた。ともに20代の頃だ。背のやや大きい私と1年生の子たち。「まさに先生にとってはガリバーの世界ですね」と保護者から言われた。通信を発行するたびに村田氏を意識していた。
私が大学時代にすでに教師を辞めていたので、お会いする機会がなかったことが無念である。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« 新しい出発に | Main | 雪の小話 »

Comments

茨城の久保田(27歳)です。
『学級通信ガリバー』、机上に置いたままなかなかじっくり読む機会がありませんでした。
これを機に再読してみたいと思います。
ありがとうございました。

Posted by: 久保田亘 | 2012.01.26 at 18:08

久保田さん、コメントありがとうございます。すでに購入し、読んでいたのですね。再読すると見えてくるものがあると思います。熱い実践を感じることができることでしょう。

Posted by: サトマサ | 2012.01.26 at 19:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新しい出発に | Main | 雪の小話 »