« 「東日本大震災に学ぶ日本の防災」 | Main | 時に自著のことを »

2012.02.25

卒業文集の依頼

前任校の子どもたちから、卒業文集の依頼が来た。
「あれ?すでに書いて送ったはずなのに・・」と一瞬思ったが、よく見ると「中学校」からの依頼だった。
前任校の笹渡小学校は、珍しい小中併設校。同じ校舎で小学校の児童と中学校の生徒が過ごしていた。職員室も小中一緒だったので、「小中連携」は日常的。小学校の先生方も中学校の子どもたちによく声掛けをしていた。
そんなことからか、小学校の副校長だった私にも中学校からの依頼が来たのだ。

書く内容で思いついたのは「鏡の法則」。小中でずっと小規模校で過ごしてきた子どもたちが、今度は一気に世界が変わる。その子たちが意識してほしいことを書いた。
それにしても文集の時期が遅いのでは・・・と思われるが、前任校の子どもたちは「中高連携入試」で2月中旬あたりで推薦で進路が決まる子がほとんど。2月下旬からは卒業まで充実した中学校生活の締めを行うことができる。これはこれで大切なしくみだと思っている。

|

« 「東日本大震災に学ぶ日本の防災」 | Main | 時に自著のことを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「東日本大震災に学ぶ日本の防災」 | Main | 時に自著のことを »