« 教育雑誌から | Main | 「小学生を美術館に連れてって!」 »

2012.02.16

場面設定の授業

フェイスブックを始めて1カ月半。「友達」もだいぶ増え、先週は教え子から友達リクエストが来た。一日1~2程度の発信であるが、「いいね」の反応やコメントもあり、「この反応の速さがフェイスブックならではなのだな・・・」と感心している。
さて、このフェイスブック、「受信」という点でもありがたい情報が次々と入ってくる。今まではメーリングリストやブログで得ていたが、発信しやすいフェイスブックは裾野が広い印象を受ける。

その中で、こちらの授業のことが紹介されていた。「引っ越しした十勝地方ならではの仕事を探す」という場面設定をして授業を組み立てるというものだ。
かつて「提案する社会科」の本を購入し、本に書かれた実践を追試した記憶が蘇ってきた。もう15年前だ。当時は4年生の学習内容であった。その時には十勝地方だったかどうかは忘れてしまったが北海道であったことは間違いない。子どもたちが一生懸命に調べ活動を行い、自分たちなりの提案を発表したもの。記録化も楽しく学級通信でそのシリーズを報告したものだった。ちなみに「提案する社会科」はこちらの説明がわかりやすい。ネットで調べると福島の阿部先生も修士論文で取り上げている。
この授業スタイルは、子どもたちの「社会参画の意欲の育成」という点でかなり有効だと考えたものだった。

フェイスブックでの記事を見て、かつての自分の実践を思い出し、それに関わる情報も検索し、ここに紹介することができた。これからもこのパターンがありそうな気がする。

|

« 教育雑誌から | Main | 「小学生を美術館に連れてって!」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育雑誌から | Main | 「小学生を美術館に連れてって!」 »