« 4月号の雑誌から | Main | 紅白幕の由来 »

2012.03.23

マネジメントは手法

 「教職研修」4月号の特集は「改めて学校管理職に求められるマネジメントを問う」だった。読み応えがあった。その中で一番参考になったのは、「マネジメントは信仰ではなく、手法である」というもの。

確かにいつの間にか、マネジメントが目的化して、制度やルールを運用することばかりに力を注ぐことになってしまう。本来であれば、教職員の意欲向上をすることが大事なのだが・・・。
そこにも「マネジメントの限界を知り、手法として使いこなしていくことが必要なのだ」と書かれていた。同感である。
そして、このことは学校経営だけではなく、実は学級経営でも同じではないかと思う。

|

« 4月号の雑誌から | Main | 紅白幕の由来 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 4月号の雑誌から | Main | 紅白幕の由来 »