« 自分の経験が生きる? | Main | 今年度の反省1 »

2012.03.29

ピーチ社長

テレビや新聞で最近航空会社「ピーチ・アビエーション」の井上社長さんが取り上げられている。
「がっちりマンデー」やNHKニュース、そして朝日新聞でも大きく取り上げられていた。関西空港発着なので、自分自身が乗ることはないのであるが、これだけ話題になるとやはり注目してしまう。どれも、当たり前ながら「格安」という部分が強調されている。

ネットで調べるとこちらの番組でも扱っていた。
新聞によると、最初に客が求めている運賃を決め、それを実現させるために削減できるコストをどんどんと切りつめていったという。カウンターは自動化、座席と座席の間を短くして席を増やす、不便だが乗り場は賃貸の安いところ、待合室も豪華ではない。機内食や飲み物、手荷物、シート予約は有料であるが、不必要な人にとっては有難いであろう。
確かに、あれこれサービスを計算していってそれが運賃に跳ね返るのであれば、どんどんとコスト高になるのは目に見えている。
この発想は自分の仕事術も生かせそうだ。

ただし、航空会社の信頼の生命線である「安全」にはコストを投入している。飛行機は新たに製作したものだし、パイロットの人件費にもおしみなく投資している。これも自分自身の仕事のしかたの参考になる。

|

« 自分の経験が生きる? | Main | 今年度の反省1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分の経験が生きる? | Main | 今年度の反省1 »