« 授業でつながった縁 | Main | サブリーダーとしてのあり方 »

2012.04.21

事務局仕事

かつて自著に「校外の事務局をするメリット」について書いたことがあった。

・確かに事務負担は増える。しかし、それ以上にメリットがある。たとえば・・・
1 人的ネットワークが深まることである。
 →事務局になるとメンバーとのつながりが増す。
2 事務仕事の力が身に付くということだ。
 →事務局をすることによって、ふだんとは違う種類の仕事をする。仕事の幅も広がる。
3 新しい企画を考えることができるという点である。
4 「学校力」の一部になる
 →学校に還元できるものが必ずある。それは「学校力」の一部になるのである。

このような内容だった。
今年度、学校のもろもろの事務局仕事の他に、大きな事務局仕事が2つある。1つは昨年度からの継続、もう一つは今年度からのものだ。
4月から本格化してきて、連絡・文書作り・文書発送等の事務仕事も増えてきた。関連会議もある。
そんな中、強力に感じているのが1の人的ネットワークである。2つとも地区中心の事務局である。今まで未知の方々、既知でも知り合い程度の方々と話したり、仕事ぶりを見させていたりしている。自分の世界が広がっていく感じを受けている。
こういうことが、事務局仕事をやっていく活力になっていく。「人」の力は大きい。

|

« 授業でつながった縁 | Main | サブリーダーとしてのあり方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業でつながった縁 | Main | サブリーダーとしてのあり方 »