« 教職ネットマガジンに書評&授業掲載 | Main | かつての実践を思い出す »

2012.04.04

教職ネットマガジンで続きが掲載

昨日紹介した教職ネットマガジンです。
紹介した授業の後半部分が公開されました。ここの部分には、自分なりのこだわりがあります。「社会的なものの見方を育てる」という部分です。
紹介文にも次のように書かれています。

授業の後半、佐藤先生は「災害ばかりの日本に、いいところはないのか」と問いかけます。
これは佐藤先生の教育のテーマに関わる部分。

まさにその通りで、子どもたちの中に「災害国日本」という理解だけではなく、その特徴は「日本のよさ」と関連しているという部分もおさえたかったのです。子どもたちの反応自体は活発ではなかったものの、教えることで複眼的な社会的なものの見方については触れることができたのではないかと思います。

それにしても、この授業、ほぼノーカットで紹介されました。有難いことです。
さらに授業後のコメントも動画だけではなく、文字情報として掲載していただきました。
この労力に感謝するばかりです。

もっともこれらは会員でなければ見られない部分です。会員になることをお勧めいたします。
バックナンバーには野口芳宏先生はじめ著名な先生方の講演、研究授業、模擬授業等が入っています。貴重な情報源であるのは確かです。

|

« 教職ネットマガジンに書評&授業掲載 | Main | かつての実践を思い出す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教職ネットマガジンに書評&授業掲載 | Main | かつての実践を思い出す »