« あれこれ | Main | 開校記念日は地域を知る日 »

2012.05.11

このごろの読書から

時間が限られると、読書スピードは速くなる気がする。中身を吸収できているかどうかは別だけど。
このごろ読んだ本から。

学校危機管理現場対応マニュアル」(星幸広著 大修館書店)

著者の星さんのこちらの本で学ぶことが多かったので購入。今回も参考になる事例が多かった。特に「事故が起こったときのマスコミへの対応」は経験したことが全くないので、うなずきながら読んだ。そういう事態に遭遇しないのが一番だが、備えは必要。そのために参考になった。

人間の基本」(曽野綾子 新潮社)

思わず背筋がピンと伸びた本。「生きるとは何か」といったことをこのごろは考えずに、本もほとんどが教育書やビジネス書。そんな中で確かな人間哲学(それも骨太の)をもつ人の本はやはり新鮮である。

いちばんやさしい教える技術」(向後千春著 永岡書店)

紹介されて即購入した本。確かに読みやすいし、納得できる部分も多数。特に自分も使っている部分があった時には「確かにこんな効果がある」と嬉しくなった。さすがと思うのは「運動スキル」「認知スキル」「態度スキル」というようにスキルの違いによって教え方を論じている点。学校場面で応用が利くのは確かである。

|

« あれこれ | Main | 開校記念日は地域を知る日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あれこれ | Main | 開校記念日は地域を知る日 »