« 6月号雑誌より | Main | 久しぶりの母校 »

2012.05.20

社会科学習会

一昨日、隣区の社会科学習会が開催された。
学校からは車で1時間ほど。仕事が終わってからなので、早く退庁して何とかぎりぎりに開会に間にあうかどうかである。ちょっと遅れて到着したが、何とか滑り込むことができた。

この学習会は、会長さんの校長先生が時々参加されるが、基本的には若手・中堅中心の学習会である。会長さんを除くと常に私が年上だが、学ぶことが多くてお邪魔させていただいている。
一昨日は運動会前ということで参加者がいつもより少なかったが、それはそれで「発表の時間」が十分にとれるというメリットがある。一人30分以上、質疑応答を含めて学び合えることができた。
私自身も1月末の取材授業について簡単にプレゼンで解説した。自分のオーソドックスな社会科スタイルを伝えることができたと思う。

帰宅してから、ふと振り返ってみる。
自分自身が社会科について学べる場は限られている。その一つがこの会であること(社会科以外も学んでいる)。
そして自分が次の世代に伝えることを思考できる場であること。
さらに、参加者の皆さんからエネルギーをいただける場であること・・・いくつもの参加理由がある。こういう会を続けているスタッフの皆さんに感謝する次第である。

|

« 6月号雑誌より | Main | 久しぶりの母校 »

Comments

正寿先生、今回も貴重な学びをありがとうございました。
今回は時間に余裕があったので、いろいろと質問しまくりの
本当におんぶに抱っこの学習会になってしまいました(汗)
でもおかげさまで、価値ある2時間半となりました。

ここで頂いたたくさんの学びを、自分なりに消化して、
そしてそれを自分の力にして、目の前の子どもたちに還元したいです。

そして(できれば)
この財産を10年後、20年後、
若い世代にバトンパスしていきたいです。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Posted by: 千葉真 | 2012.05.20 at 22:13

真先生、コメントありがとうございます。
事務局の真先生がしっかりと運営しているからこそ、自分も学びの場に参加することができます。ありがとうございます。
「財産の引き継ぎ・バトンパス」は私たちの世代の現在進行形の大きな役割です。真先生の世代は今果たす役割がありますよ。まずはそれに全力投球ですね。ありがとうございます。

Posted by: サトマサ | 2012.05.20 at 22:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 6月号雑誌より | Main | 久しぶりの母校 »