« 牛にも「旬」と「情報化」がある | Main | 5月が終了 »

2012.05.30

一つの大会案内発送だが…

県の造形教育研究大会の事務局を昨年度から拝命している。
本大会は、幼稚園・保育園・小学校・中学校と幅広い校種での大会であり、大会会場も4つある。その他にも、ワークショップが6つあったり、事前の各部での会議もあれこれ多かったりと…様々な事務局や公開をした自分でも今まで経験したことがない仕事をしている。
しかも大会は7月31日。一般的に県のこのような大会は2学期が多く、夏休みに事務局仕事ができるのであろうが、こちらは1学期終了直後。というわけで今年度に入ってから、事務局仕事に毎日一定の時間を割いている。

先日は無事大会案内を発送。
5月中には・・・ということで、4月末から大会案内準備に入った。わずか4ページの案内であるが、このためにかなりの労力を費やした。

・デザイン検討のために過去の別教科の大会案内や公開案内を研究
・おおよそのデザインを決定
・作成
・後援申請のやりとりや手続き、直接訪問等
・助言者、授業者、司会者、記録者、WS等、何度にも及ぶ確認
・印刷業者さんとの打ち合わせ
・2回にわたる校正
・申込書の印刷、二つ折
・発送のための文書作成
・各所発送数の確認
・発送手続き
・その他細かな仕事がもろもろ・・・等

これらを他のスタッフさんにチェックしていただきながら、1ケ月近くかけて何とか完了できた。案内のデザインと内容にも自分のもっている分の力を十分に出した。
このような経験を一度すると(過去にも学校公開案内を地区レベル等で作成していたが比にならない)、今後学校に送られてくる各種の公開案内・大会案内の見方が変わってくるであろう。この案内の後ろに、先のような仕事を行った人がいるということを考えるであろう。
さて、当然であるが事務局仕事はこれからがむしろ本番だ。あと2カ月、走り続けよう。

|

« 牛にも「旬」と「情報化」がある | Main | 5月が終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 牛にも「旬」と「情報化」がある | Main | 5月が終了 »