« 縁を感じた会 | Main | ママノートの専用サイト »

2012.05.08

ベストノート展

かつての同僚から「今年は6年担任で、毎日があっという間です。先日の参観日では、第1回ベストノート展を行い好評でした!」というメールをいただいた。
確かに、その学校に一緒に勤めていた時に、「ノート指導に力を入れていたなあ」「指導方法についてあれこれ話していたなあ」ということを思い出した。
さらに、今月はノート指導について話す機会もあり、少しずつ自分の過去の文献も見直している。ノート指導の専門家ではないのだが、これもかつて自分がノート指導に関する著書を発刊したことも関係があるだろう。

ノート展については、参観日によく実践をした。方法を改めて記すと次のような形で行う。

----

授業参観日に、ノート展を開き、親御さんに見てもらうとよい。もちろん、全員分である。
親御さんに全員分を見てもらうとなると、教師にいい意味でのプレッシャーがかかる
 一人一人の最高のノートを見せたい。
 一人一人の個性が最大限に発揮されたノートを作りたい。
 学校公開研究会がそれまでの研究の集大成であると同様に、参観日がノート指導の集大成の場というように位置づけることができる。
 
 子供たちに見開き2ページのベストノ―トを、一人一冊選ばせる。
 教科や内容はバラバラで構わない。
 そのノートに対して、自分でコメントを書かせて廊下に置いた机に展示する。

 三十数冊のノートが廊下にズラーと並ぶと、壮観である。
 授業開始前に来ていた親御さんがのぞき込む。
 他の学級の親御さんも、興味を持ってみていく。
 指差しながら、「このノート、おもしろいわよ」と話している親御さんどうしもいる。
 前までの部分をぱらぱらとめくる親御さんもいる。

「このようなノート展は初めてです。なかなかみんな上手に書いていますね。」
「一人一人のノートの違いがあっておもしろいですね。特に、女の子のイラストの使い方がいいですね。」
「他の子のノートを初めてみました。個性的ですね。」

 ノ―ト展の時の親御さんの声である。
 確かに、他の子のノートは、このようなノート展でもない限り見ることはない。
 だから、親御さんにとっては、「子供のノートはどんなものか」という視野を広げる貴重な機会となる。
 教師がノート指導に力を入れていることの理解にもつながる。

-----

ノート展示自体は当日のみなのであるが、事前の取り組み自体が子どもたちを刺激するし、学級全体で高める契機となった。展示後はここに書かれているように、保護者の理解を深めることができるので、ノート指導における家庭との連携が一気に進む。
実践するのは年に数回であるが、子どもたちの節目になるノート指導の実践の一つだと思っている。

|

« 縁を感じた会 | Main | ママノートの専用サイト »

Comments

The comments to this entry are closed.