« 再読 | Main | 小冊子 »

2012.07.09

保育新時代

教育ルネサンスで新しいシリーズが始まっている。
保育新時代」。
以前の自分なら見逃していただろう。
ところが、今は興味をもって読んでいる。これは県造研で幼稚園や保育園の先生方と接点をもつようになってからだ。実際の保育の様子を見学することはないのであるが、話を聞いたり、実践例を読んだりすることで、「小学校前にずいぶんといろいろな教育をやらせてもらっているんだ」と感じている。
「校内研究」ではなく、「園内研究」という言葉も聞いている。幼稚園や保育園できちんと育ててくれた子どもたち。1年生でしっかりと育てなくては・・・という思いをいつも感じる。
いろいろなことがこんなにもできるのに、小学校では1年生が「世話される役」になりがちだ。幼稚園や保育園の実践を知ることで、そのような固定観念も変わるのではないかと思う。

|

« 再読 | Main | 小冊子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 再読 | Main | 小冊子 »