« 事務局仕事2 | Main | 訪れて初めてわかること »

2012.08.03

熱き研修会

岡山県での講師役を終えた。
講師役にも関わらず(だからこそ?)学びの多い研修会だった。
今回は一日研修ということで、自分の役目も複数に及んだ。

・講義1コマ(1コマ1時間程度)
・演習・ワークショップ1コマ
・若手の模擬授業コメント
・自分の模擬授業・解説・QA

かなり前から依頼をされていたのであるが、6月下旬から各種事務仕事や他の講師役の仕事と重なり、最後の準備はラストスパートで前日できた感じだった。

それにしても、このような内容の研修会が開催できる主催者側のすばらしさ。研修会にかける思いを前日にお聞きし、「それぞれの立場でできることをする」ということを学ばせていただいた。
また、模擬授業では自分の授業の土台について振り返ることができたし、講義や演習では「発問・ノート・ICT活用・教科書研究」について自分自身が改めて向き合うことができた。
そして何よりも参加者の前向き・意欲的な姿勢に「熱き思い」を感じた。(休み時間に質問を3人の先生方、それも中学校の先生方から受けた。こういうことはあまりない。)

「登壇する役が一番得をする。」

本日もそういうことを感じた。関係する皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。

|

« 事務局仕事2 | Main | 訪れて初めてわかること »

Comments

講師がサトマサ先生だったからこそ,参加者が「その気」になったのです。
おかげで私たちは「授業力アップ」を図っていくための大きなきっかけをいただきました。
遠路はるばる,そして質の高いご指導,本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

Posted by: NOB | 2012.08.08 at 13:23

NOBさん、連続コメントありがとうございます。
本当に熱い研修会でした。私が講師というのはあまり関係なく、やはりコーディネートした内容が良かったからでしょうね。講義+ワークショップ+参加者模擬授業+講師模擬授業・解説・QA+振り返り等、充実そのものでした。思いきった企画だったと思います。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2012.08.08 at 18:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 事務局仕事2 | Main | 訪れて初めてわかること »