« 長文分析に感謝 | Main | 「いじめと君」 »

2012.08.20

夏休み終了

昨日で夏休みが終了。今日は元気な子供たちの声が学校に響いた。やはり子どもたちあったの学校である。

ところで、今年は本当に一気に駆け抜けた夏休みだった。
自分の場合には夏休みだからこその仕事も休日等にあり、「ゆっくりする間がないですね」と言われたりしたが、それはそれで充実していた証拠。かつては充電が「放電」になった夏休みもあったので、このような状態の夏休みは有難いと思う。

この夏休みが通常の校務の他の「自分の仕事」もとにすると3クールに分かれた。
1クール・・・最初の1週間。県造研大会関係の準備・大会・事後事務→290名の参加で盛会に終える
2クール・・・3つの講師の準備・登壇→短期間に3つの模擬授業・講演等で自分の学びも大きかった
3クール・・・ラスト1週間。原稿・編集会議・研修会参加とこれはこれで大事なこと

どれも自分にとっては大事な仕事であり、貴重な出会いがあった。特に県大会はこの1年間の事務局仕事の集大成となり、ホッとしている。経験できない仕事であった。(まだ残りの事務仕事はあるが)

他にも副校長会や別の事務局仕事等にも力を注いだ。もちろん校務第一であるから、日常的な学校の仕事も予定通り行った。
特に「嬉しい悲鳴」だったのは水泳の賞状書きだ。子どもたちの活躍で38枚の賞状。記名だけではなく、学校名、学年、種目名、記録、年月日等、けっこうな量である。
正直、賞状書きは苦手分野。でも自分の仕事なら全力を尽くさなければいけない。上手な人ならスラスラと一気に書くのであろうが、自分は別。かなりの時間をかけて仕上げた。1枚1枚を丁寧に心を込めて書いたつもりである。
明日はその子どもたちも登校。元気に挨拶をしようと思う。

|

« 長文分析に感謝 | Main | 「いじめと君」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 長文分析に感謝 | Main | 「いじめと君」 »