« あれこれ | Main | 少しずつ読書 »

2012.09.25

有難い声援

昨日は本校のマラソン大会。
学校を出て国道脇の歩道を往復するコースである。
前日に雨が降り、コンディションが心配されたが、当日は天気も曇り。水たまりがある場所には砂も入れ、準備も終了。無事マラソン大会を迎えることができた。(昨年は当日も延期した日も雨だった・・・)

校内行事ではあるが、このマラソン大会のよさは子どもたちの家族が沿道で声援を送るという点である。
保護者はもちろん、祖父母も多い。しかも我が子だけではない。ほとんどの子たちをしっかりと応援しているのである。
体育の授業時に走っているのとはまた違った感覚を子どもたちは味わったのではないだろうか。

特に最後の学校までの登り坂は苦しい。その苦しい時に「頑張れ―」「ほら、もう少しだ!」といった声をかけられることは、間違いなくエネルギーとなる。いつも以上にがんばっていた子どもたちの姿が印象的だった。

大会終了後、思わず私もメールで速報。子どもたちの健闘ぶりを伝えたかった。
こういう時のメール配信さの有難さも感じた次第である。

|

« あれこれ | Main | 少しずつ読書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あれこれ | Main | 少しずつ読書 »