« 16年前の教え子と | Main | お月見を楽しもう »

2012.09.28

やはりEテレ

2年生に補欠授業で入った時に、Eテレの「ざわざわ森のがんこちゃん」の視聴を依頼された。子どもたちと一緒に番組を見ながら、2年前の東北放送教育研究大会で盛岡の小学校で行われた授業を思い出していた。自分が助言者だったので、私も自分なりに「番組研究」をした。こういうのは印象に残るし、そして自分のためにもなる。
(それにしても、この時の研究は本当にすばらしかった。)

今日は時間のこともあり視聴+感想発表だけだったが、子どもたちが帰ってから今日の番組を自分だったらどう発問したり、授業を組み立てるかなとふと思った。ちょっと考えてから、ホームページをのぞいてみる。
そうすると、番組の資料、ワークシート、指導案、そして場面ごとの掲示写真資料があるではないか。もちろん、番組自体も動画でいつでも視聴することができる。
「そういえば、社会や理科もそうだった…」と改めて思い出した。身近に使えるデジタル教材なのに、補欠授業で依頼されることもなかったから、ほとんど使っていなかった。もっともっと使いたいと思った次第である。

※がんこちゃんのイラストは武田美穂さんということに気づいた。「となりの席のますだくん」は低学年担任の時の学級文庫で大人気だった。

|

« 16年前の教え子と | Main | お月見を楽しもう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 16年前の教え子と | Main | お月見を楽しもう »