« 気にかかる授業・入ってくる言葉 | Main | 秋分の日と彼岸花 »

2012.09.21

見方を深める

いつも拝見させていただいているブログの記事に「これには共感!」というものがあった。
こちら。引用させていただく。

-----
ある中学校では、体育大会のアンケートから「職員の動きはいかがだったでしょうか」という項目を外したそうです。先生方は、「体育大会前日までにすべての指導をやり終えて臨みたいと考えてしっかり指導してきた。当日、職員は暇であることほどいいことなのだ。 当日、職員が動き回ってやっと計画通り進行するような体育大会はいかがなものだろうか」と考えられたということです。先生方が望む回答は、「職員の動きはほとんど見られなかった」ということになります。なるほどと納得させられる話です。
-----

確かにこの通りだと思う。
「先生方が一生懸命に動く体育大会」は「先生方、がんばっているな」と思われるかもしれないが、それは「子どもたちへの指導不足かもしれない」ということを同じように感じる。
これは中学校の例であるが、小学校でもかつて他校の運動会を見た時に「ずいぶん先生方が指示を出すものだなあ。もっと任せていいのに」と思った時があった。「子どもたちが前面に出て進めている。教師はそばにいて見守る」…そんな運動会を私も担当の時に心掛けてきた。そして、その様子を学級通信に事前予告でPRした記憶もある。
「運動会の見方」として大切なポイントだ。

「見方を深める」といえば、最近知ったこちらの記事。件数の比率が全国最多。同時に解決率も全国最高。この例から学べることは多いに違いない。これも見方を深めなければいけないデータである。

|

« 気にかかる授業・入ってくる言葉 | Main | 秋分の日と彼岸花 »

Comments

正寿先生ご無沙汰しています。
今年は9年ぶりに体育主任となり,先日の運動会を仕切ってきました。初任の学校での体育主任時代はは本番でもひたすら動き回っていました。2校目の体育主任1年目も同様でした。ところが事後の教師アンケートで「教師はあまり動き回るものではない」と書かれて衝撃を受けました・・以後そのように心がけました。今年も事前指導で意識を高めたり,叱咤激励をしていきました。おかげで運動会当日は私の出る幕は一切なく,子どもたちと立派に行進をしたり,しっかりとした態度で開・閉会式や競技に臨んでくれました。

Posted by: 片野靖久 | 2012.09.22 at 04:38

片野先生、ありがとうございました。「当日は私の出る幕は一切なく」というところがすごいですね。それだけ事前指導をしっかりとさせたということですからね。運動会に限らず他の行事(特に児童会行事)もかくありたいと思っています。

Posted by: サトマサ | 2012.09.22 at 05:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 気にかかる授業・入ってくる言葉 | Main | 秋分の日と彼岸花 »