« あの日から1年半 | Main | 「指導技術の教科書」 »

2012.09.12

まんが美術館

PTA東北大会で秋田を通っている時に、「そういえば近くにまんが美術館があるはず」と思い出した。
「釣りキチ三平」で有名な矢口高雄さんの故郷である旧増田町にある美術館である。昨年も同じところを研修会後に通ったのであるが、残念ながら閉館(月曜日)していたので、今回は見られるチャンスである。

立ち寄ると何と無料。公共施設の一部を使って美術館としているが、中には著名漫画家の原画がたくさん。ファンにとってはたまらないであろう。私自身はほとんどマンガは読まないのであるが、それでも有名な作品の数々の原画にはやはり注目してしまった。
まんが美術館というだけあって、まんがそのものも多く置かれていた。閲覧も自由だし、それ用の椅子も置かれていた。ほとんど閲覧者がいないのが、残念なくらいだった。

帰ってきてから、思わず矢口さんの「蛍雪時代」をネットで探す。ご自身の中学校時代を描いたもので、「こんなに体験豊かな中学校時代を送っていたんだ」と感じる作品だ。アマゾンでも中古であるのだが、探しているうちにebookでもあることがわかった。これなら読みたい時にすぐに購入し、即読める。何とも便利な世の中になったものである。


|

« あの日から1年半 | Main | 「指導技術の教科書」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あの日から1年半 | Main | 「指導技術の教科書」 »