« 30年近くも前の頃を思い出した | Main | 11月号の雑誌から »

2012.10.24

住所から被災地を想像する

立場上、いくつかの事務局をしている。その中の一つの発送事務が今週の大切な仕事の一つである。
今日は住所をシールに打ち込む仕事をメインに行った。
該当者は県内各地に住所がある。
一昨年度に会を行い、2年ぶりに行う会の案内だ。

過去の名簿を見ながら作業を進めていた。
順調に仕事を進めている中、とある住所で一瞬考えた。
被災地となっている市の住所だったからである。
2年前の名簿は3・11の前のものなのである。

「この住所に送っても被災地になっていたら…」と不安になった。
さっそく住所を検索する。グーグルだとストリートビュー(昨年秋に撮影)でも見られるのでよく使う。
じっくりと見て、「大丈夫。この住所だったら届く」と安心した。

あの日から来月で1年と8ケ月。年を越すと2年がすぐに近づいてくる。地元岩手では震災関連のニュースは毎日絶えないが、全国ではどうだろう。
自分の中でも今日のように被災地への意識を常にもっていなければいけないと思う。名簿のチェックで感じた小さなことであるが、大切なことと感じた。

|

« 30年近くも前の頃を思い出した | Main | 11月号の雑誌から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 30年近くも前の頃を思い出した | Main | 11月号の雑誌から »