« 過去の名著に触れる | Main | 図工の素敵な言葉 »

2012.10.11

あの日から1年7ケ月

大震災から1年を過ぎたあたりから、「11日」が節目として薄れつつあることを感じる。
先月の1年半は一つの節目となった。せめて自分自身は節目として、改めて考える日としたいと思っている。

新聞の地元欄は今も継続的に大震災関連のニュースを報道をしているが、全国紙の部分やテレビはやはり少ない。
そんな中、偶然聞いたNHKラジオのニュースでは、2番目に大震災関係のニュースだった。釜石の小学校で津波を想定した避難訓練を行ったというものだ。

そうである。あの日以来、本県の各学校では地道な取組が継続している。教員はもちろん、子どもたちにもあの日のことが大きく残っている。「復興教育」という名称で数々の取組をしており、それらは今度の岩手を支える子どもたちのためになっている。
節目、節目にこの取組を私自身確認できればよいと思っている。

|

« 過去の名著に触れる | Main | 図工の素敵な言葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 過去の名著に触れる | Main | 図工の素敵な言葉 »