« PTAバレーに思う | Main | 福島での社会科講義 »

2012.11.06

丁寧に対応していただいた

所用で新幹線を本日は利用。
細かいことは省くのであるが、こちらの希望の切符と違うものを窓口で渡された。
いろいろと複雑な申し出をしたので、勘違いをされたんだなあ…と考えた。
通常であれば、すぐに「いえいえ、この切符ではなく…」と話すところであるが、もう新幹線到着の3分前。駅には10分ぐらい前に到着していたのだが、自分より前のお客さんで時間がかかってしまっていた。
「到着駅で事情を話して変えてもらおう」ということで、とりあえず乗車。

新幹線で車掌さんが通りかかったので、事情を話した。次の駅に到着するので、「またあとで来ます」とのこと。
ここからずいぶん丁寧に対応していただいた。
再度来た時点で、「出発駅に確認し、到着駅にも連絡を済ませておきました」ということである。何とも有難いことだ。
そして、到着駅に改札で駅員さんに確認すると、「連絡を受けておりました」ということで、これまた丁寧に「みどりの窓口」まで一緒に歩いてご案内していただいた。
販売担当の方に、事情を話してくれるところまでやっていただいた。
この丁寧な対応ぶりに実に感心。

こういう親切を受けると、その心を真似したくなる。
担任時代、子どもたちにはよく「親切は他に人にうつるもの」と話していたことを思い出した。

|

« PTAバレーに思う | Main | 福島での社会科講義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« PTAバレーに思う | Main | 福島での社会科講義 »