« 福島での社会科講義 | Main | りんごの交流学習 »

2012.11.08

市民に学校を公開する日

昨日は学校公開日だった。といっても教員対象の学校公開ではなく、「市民に学校を公開する日」である。
本市ではどの学校も午前中から午後にかけて公開する(日にちは学校それぞれ)。市のHPはこちら
本校でも昨年度は朝早くから来校者があった。そこで、7時半ごろからあれこれ準備。昨年度よりはゆっくりだったが、それでも8時半ごろには一番早い参観者が来校された。

この公開日では保護者がもちろん一番多いのであるが、祖父母といったご家族、あるいは親戚の方も参観する。
これはとてもよいこと。保護者と祖母が一緒に参観される様子を見て、「これがこの公開の意義だな」と感じた。

この日が始まったのは、7~8年前ぐらいだったと思う。その時には私も担任しており、ふだんの参観者である保護者以外の方がずいぶんと教室に来られたものだった。たぶん地域の一市民だったと想像する。
地域の人が行事以外で気軽に授業を参観する機会はほとんどないであろう。その点では意義のある学校公開だと感じている。

|

« 福島での社会科講義 | Main | りんごの交流学習 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 福島での社会科講義 | Main | りんごの交流学習 »