« 初任校時代の「教師修業」を思い出した | Main | 一つの事務局仕事終了 »

2012.11.18

冬こそ「日本のよさ」を

岩手でも初雪が舞い、いよいよ冬がやってきつつある。

さて、12月号の「社会科教育」と「授業力&学級統率力」で似たような小特集があった。
社会科教育では、「年末・年始にまつわるうんちく話」のネタ。
授業力…では、「親子で一緒に楽しむ冬休みレシビ」である。
初詣、除夜の鐘、おせち、正月飾り、書き初め…等、子どもたちに一言話したいちょっとした話が紹介されている。
このような話をすることは、子どもたちに日本のよさを伝えることにつながるであろう。

私自身が別ブログで似た小話を書いているが、一番内容で多いのは、やはり年末年始であった。
まだ実際に教室で話すまでは1カ月ぐらいあるだろうが、ぜひとも毎年でも子どもたちに伝えたいものである。

|

« 初任校時代の「教師修業」を思い出した | Main | 一つの事務局仕事終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 初任校時代の「教師修業」を思い出した | Main | 一つの事務局仕事終了 »